汗臭い原因はその種類による

汗臭い原因は常在菌が繁殖

汗臭い原因はその種類による。

汗臭い原因は常在菌が繁殖

 

汗の種類によって、汗臭い原因になったりします。例えば、同じ汗でも、さらっとしているものはあまり臭いがしません。しかし、たまに運動したり、あるいはストレスを溜め込んでしまった後の汗は、かなりベトベトしていて、汗臭い状態になります。

 

汗は、本来それほど臭いわけではありません。臭い原因を作るのは、そこに常在菌が繁殖するからです。また、食生活によっても、汗臭い状態になります。

 

その原因は、動物性たんぱく質にあるとされています。動物性たんぱく質を摂りすぎると、汗を酸化させやすくします。それが臭いの原因になります。

 

自分が汗臭いと感じる時は、まず日ごろの自分の疲れ状態、あるいは食生活にちょっと着目してみましょう。そこに、いろいろなことがわかってきます。

 

つまり、ライフスタイルを整える時期であるというサインかもしれません。そういったサインを見逃さずに、いつもすっきりした健康な身体でいれば、汗臭い原因を作らなくてすみます。

汗臭い原因を知れば怖くない

汗臭い原因は常在菌が繁殖

 

汗臭い原因を知れば、多少汗をかきやすくても、心配はいりません。汗臭い原因は、汗そのものよりも、そこからの常在菌が増えることで、臭いがひどくなるのです。

 

ですから、そこまで行く前に、臭いをシャットアウトする行動をすれば、汗臭さも解消します。まず、生活の基本として、毎日シャワーかお風呂に入ることは欠かせませんが、Tシャツなど、一度着たら、すでに臭いがついてしまっていますから、すぐ洗濯をするようにします。

 

つまり、いつも清潔にしていることは言うまでもありません。その上で、外出先でもわきや首などにかいた汗を化粧室などに入って、汗臭い原因となる元をしっかりふき取るようにしましょう。最近、携帯用のふき取りシートなどが売られていますね。

 

また、多汗症の人は、仕事先でも、下着の着替えを持参したほうがいいかもしれません。汗臭い原因を知れば、臭くなる前に、先手を打って行動しましょう。特に、汗をかきやすい夏の間は、対策をしっかりたてておきましょう。

トップへ戻る