汗が臭いの正体とは?

汗が臭いの正体とは?

あの独特な汗の臭いの正体とは?

 

汗が臭いのは、汗自体から出たにおいではありません。

 

この汗の中に、エクリン汗腺とアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺がありますが、これらに菌が増殖することで、あの独特な汗臭いにおい、あるいはわきがの臭いがしてくるのです。

 

この菌とは、皮膚の常在菌で、皮膚についている水分と栄養を吸収して繁殖してゆきます。
これらが増えることで、汗に臭いが混じってくるのです。

 

この常在菌は、常に皮膚にいるのですが、汗をかかない状態のときには、ほとんど臭いがしません。
また、その臭いは、汗をかいて、6時間くらいたつと、ピークに達します。

 

ですから、この臭いを発生させないためには、まずは常に皮膚を清潔に保つことが最も重要です。

 

さらに、出かける前に、デオドラントスプレーをするとか、ぬれたタオルを持参するとか、いくつかできる方法を、マナーとして考えておくのがいいでしょう。

 

また、最近では、下着もにおい対策の特別な素材のものも販売されているようですので、普段から、そういったことを心がけておくといいと思います。

汗が臭いのは菌の繁殖が原因

あの独特な汗の臭いの正体とは?

 

わきがが臭うには、身体から出る汗自体ではなくて、エクリン汗腺やアポクリン汗腺といった汗腺に菌が繁殖して臭うようになるとされています。
ですから、汗が臭いと感じたときは、すでにその菌が繁殖していることになります。
このメカニズムを知っておけば、逆に、菌が繁殖する前に対策を取れるということにもなります。

 

汗をなるべくかかない方法を考えたり、汗をかいたと感じたら、すぐにふき取る対策をするような、いろいろな方法があります。
わきが体質であることで悩まずに、対策を考えることで、前向きに解決できます。
着ている洋服や下着も、空気を通しやすいかどうか、そういった商品を今後意識して選ぶようにするのも手です。

 

外出時に、汗をかいたと思ったら、すぐに洗面所に行って、汗臭いと感じる前にふき取るばかりでなく、デオドラントスプレーも持参しておくのもいいでしょう。
また、下着も着替え用をもって外出するのもいいかもしれません。
どんなことでも、ある種の努力が必要です。
ある程度実行していれば、汗が臭いと感じる前の対策もうまく出来るようになるでしょう。

関連情報(外部リンク)

page top