一般的なわきがの手術

一般的なわきが手術の種類は

 

わきがの治療法は、民間の方法から、病院での治療まで、さまざまなものがあります。それぞれの個人の体質がありますから、どの方法が一番効果的かは、各個人によって異なります。この方法の中で、手術を選ぶ人もいます。

 

手術をする場合、かなり一般的な方法として、わきがのにおいの原因となっている、わきの皮膚のアポクリン腺を切り取ります。この方法は、皮膚を裏返して、取り除くのですが、そのためにその部分をメス切開するやり方です。

 

切開したあとに、アポクリン腺を取り除き、その部分を縫合します。この方法は、状況によって保険適応になります。

 

その手術のケースをまずネットから情報を得てください。その他、アポクリン腺を吸い出してしまう吸引法で、わきがをおさえる手術の方法もあります。

 

手術は、切開をして行う療法ですので、この方法が好まない場合は、マイクロウエーブ法といって、わきの皮膚に電磁波を照射して汗腺を破壊するやり方もあります。

 

他にも、さまざまな方法があり、オンラインでもたくさん紹介されていますので、今悩んでいる方は、まず情報を収集してみましょう。

超音波吸引法と切除するわきがの手術

一般的なわきが手術の種類は

 

わきの一部をメスで切って、わきがの臭いの原因となっているアポクリン腺を切り取る方法は最も一般的な手術の方法です。しかし、メスを入れることを好まない場合は、超音波吸引法と呼ばれるものがあります。

 

アポクリン腺を切り取る方法は、手術後にわきに5センチほどの傷が残ります。さらに、手術後に1週間くらいわきに圧迫と違和感が残り、日常生活に支障がでます。

 

また、手術跡が残ってしまい、皮膚の色が変色することもあります。しかし、超音波吸引法なら、傷も小さくてすみます。

 

さらに、超音波吸引法なら、施術後1日経過すれば、もうシャワーも使うことができますので、かなり手軽にすみます。また、色素もそれほど変わらずに、大きな打撃的な変化がありません。

 

施術後に、わきが少し固くなりますが、1ヶ月くらいマッサージをしていると、元に戻ります。ただし、わきがの手術にどちらの方法がよいかは、よく医師と相談をして決めるようにしましょう。

 

手術や施術をしても、一時的にわきがが消えても、また戻る場合もあります。しかし、臭いが戻っても、元のようなものではなくて、それほど気づかない程度に再発する可能性のほうが大きいでしょう。

トップへ戻る