わきが手術の失敗例

わきが手術の失敗例

 

わきがに悩み、病院で手術を試みる人もいます。
人それぞれ、治療法を見つける観点が違いますので、それぞれの観点で感覚的によいと言う印象を持ったら、手術を受けて、晴れてわきがの悩みから解消されるわけです。
しかしながら、手術を受けても、失敗する例もあります。

 

失敗すると言うのは、つまり手術を受けた後にも、わきがの臭いがまだすると言うことです。
手術には、わきをメスで切り、わきがの臭いの元となるアポクリン汗腺を切り取る方法が一般的ですが、このアポクリン汗腺をすべて取り除くことで、臭いの原因と断ち切ることができるはずです。
しかしながら、手術後も何かの原因で臭いが残る人も、個人差として考えると、いるようです。

 

失敗する例として、患者側が「まだ臭いが残っている」、病院側は「いや、原因となるアポクリン汗腺をすべて取り除いた」というやり取りです。
これがどの程度の境界線かは、今現在でははっきりとしていないのが現状だそうです。
基準をどこにあわせるかで、失敗か成功かが決まるということでしょう。

失敗は成功のもと

わきがで仕事や人間関係にまで影響する場合もあります。
そこで、わきがの手術を決心して、期待して受けたところ、結局、失敗してしまい、さらに臭いが悪化した例もあります。
悪化した臭いは、わきがの臭いではなく、今度は体臭がひどくなるという例です。

 

手術を3度行って、成功する例もありますので、失敗を恐れずにトライすることも必要です。
しかし、手術をする医師も、評判のよい医師を探すことも努力する必要があるかもしれません。
特に、女性であれば、なお更悩むことも多くなるかもしれません。

 

しかし、一度失敗したからと言っても、もっといろいろ試してみるべきです。
わきがの手術だけでなく、他にも治療の方法は、本当にたくさんあります。
クチコミ、他に同じように手術に失敗した後、成功した例、あらゆる治療法をインターネットを使って探してみましょう。

 

きっと、あなたに合った方法が見つかるはずです。
国産のデオドラントスプレーがうまくいかなければ、外国製のものをトライしてみたり。
汗を抑える衣服、また体臭を抑える食品等も一緒に試してみましょう。

トップへ戻る