わきがのにおい

わきがのにおいってどんなもの?

わきがのにおいって鉛筆?ネギ?

 

人によって、体臭が強い人はいます。また、体臭は食べ物によっても、強く出たりすることもあります。ただし、体臭は、自分では時に判断できないこともあります。

 

自分自身が臭うことは、あまりわからなく、他人の反応を見て初めてわかることもあります。そこで、普段わきがの臭いが気になりだしたと思う場合、わきがのにおい自体どんなものか判断しかねる人もいるでしょう。

 

まず、自分がわきがかどうかは、自己判断をする場合、においは自分ではあまり判断できないので、次のことをチェックしてみましょう。カーゼをわきの下にはさんで、一日身につけて、においがあるかどうかのチェックも有効です。

 

湿った耳垢がでるとか、両親や祖父母にワキガの人がいる、あるいは、下着のわきのあたりが黄色くなる等をチェックしてみてください。いずれかに該当していれば、わきがの可能性があります。その際は、すぐに対策を考えてください。情報はこのサイトにも、たくさんあります。

わきがのにおい

わきがのにおいは、いわゆる単に「汗臭い」ということと少し違うかもしれません。汗臭いとは、どちらかと言えば、すっぱいにおいと表現されるでしょう。しかし、わきがのにおいは、一般的に表現されているのは、「ねぎの臭い」とか、「鉛筆の臭い」といわれています。

 

わきがのにおいは、独特ですが、一人の人がわきがで、部屋にいるだけで、部屋全体に臭ってしまうほど、強い臭いになります。このような臭いは、アポクリン汗腺とエクリン汗腺と呼ばれる汗腺から出ていて、それらに菌が繁殖して、わきがの臭いが生じるとされています。ただし、この臭いは、わきだけでなく、乳輪や性器からも臭うこともあります。

 

わきがのにおいで、自分はそうだと判断することも可能ですが、いくつかのチェックポイントを元に、自分がわきがであるとわかることもあります。いずれにしても、わきがは病気ではありません。体質ですので、あまり悩まずに、適切な対策を取れば、軽減しますので心配しないでください。

関連情報(外部リンク)

page top