わきがの原因は分泌腺

わきがの原因は分泌腺

臭いわきがの原因は分泌腺

 

わきがの原因は、わきの下の分泌腺によるものとされています。それらは3つあって、エクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺と呼ばれています。それぞれ汗が関係していますが、まずエクリン汗腺は、99%水分と塩分が1%でできた汗です。

 

体内に230万個ほどはあるといわれているこの汗腺ですが、この汗自体はにおいはしません。しかし、皮脂腺から排出される皮脂がエクリン汗腺に混じることで、あの独特のにおいを生じます。この臭いは、わきがのにおいではなく、むしろ汗臭いといった臭いのことです。

 

アポクリン汗腺は、主にわきの下からできる汗ですが、乳首や性器のまわりにも出ます。この汗腺の中には、脂肪、鉄分、色素、アンモニア、蛍光物質等が含まれていて、エクリン汗腺に比べるとねばっこい質をもっています。

 

しかし、この汗自体は臭いもないのですが、一旦菌が混じると、いわゆる、わきが独特のにおいが原因となって発生するのです。皮脂腺は、身体全体にある皮膚から出ている油脂成分の含まれていて、これに菌が増えることで、やはり臭いの原因になります。

食べ物にも、わきがの原因が。

臭いわきがの原因は分泌腺

 

わきがの原因になるのは、何もその人の体質だけではありません。毎日の食生活によっても、汗の出方も変化します。例えば、たんぱく質をたくさん摂ることで、汗が多くでる原因を作ります。

 

そもそもたんぱく質は、体内に取り入れてから、分解されるまでにかなりのエネルギーを使用すると言われています。このエネルギーの熱が汗をかく原因となっているのです。ですから、普段からたんぱく質の多いもの、例えば、肉類等を多くとっていると、汗が多量にでて、わきがを悪化させる原因ともなります。

 

さらに、塩分や糖分もわきがの原因になりやすいので、バランスよく摂り、過度にならないように控えること。カルシウム、ナトリウム、カリウム等、ミネラルを多く含むものを豊富に摂取するように心がけることも大切です。

 

また、植物性脂肪を意識して摂取するようにしましょう。普段の食生活は、アルカリ性の傾向のものでバランスの取れた食生活ができるように、食べ物を選ぶ時は気をつけて、毎日賢い食生活を送りましょう。

思春期のわきがの原因

思春期になると、わきの下に独特のにおいが生じることがあります。それは、思春期に、ホルモンの分泌が活発になってきますので、そのため、わきの下のアポクリン汗腺と呼ばれる機能がアクティブになるのです。

 

このアポクリン汗腺が汗に混じっても、すぐにはそれほど臭いが伴うことはありません。アポクリン汗腺にはたんぱく質を多く含んでいますが、この汗が細菌が繁殖しだすと、それがわきがの独特のにおいへと変わっていきます。
ですから、汗をかいた後に、そのまま放っておくと、わきがの臭いが強くなってきます。また、身に着けている衣服のわきの部分が黄色くなったりします。

 

いずれにしても、わきがで衣服に不快なにおいがついて、たった一度だけ身につけたものでも、洗濯をしないと取れません。わきがを治すには、医師に相談するのもひとつですが、いろいろな方法がありますので、まずオンラインなので、自分なりに調べて情報を集めるのもいいでしょう。

 

人によって、自分にあった方法はさまざまです。まずは、自分が一番よいと思われる方法を探してみましょう。

関連情報(外部リンク)

page top