更年期とすそわきがの関係はあるのか

更年期とすそわきがの関係はあるのか

更年期とすそわきがの関係はあるのか

 

女性にとってとても大きな身体の変化を及ぼす更年期には様々な症状が伴います。40?50代になると少しずつ卵巣の機能が低下しホルモンバランスが乱れてしまうことにより、自律神経の調節が難しくなりめまいやのぼせ、イライラなどの不快な症状が現れ始めるのです。

 

そしてデリケートゾーンのにおいが気になるすそわきがも、更年期に起こる症状の一つとして関係があります。自律神経が乱れると汗腺機能や体温調節機能がうまく働かなくなるため、すそわきがのにおいが強くなると言われています。

 

元々すそわきがになる体質であった人の場合、更年期に入りその症状が強く出ることが多くより対策が必要となります。すそわきがの対策としては、デリケートゾーン専用の石鹸で洗い清潔を保つことやわきがと同じくデオドラント効果のあるクリームなどを毎日継続的に塗ることが大切です。
あまりにもにおいが酷い場合などは原因となる部分を切除する手術を受けるという方法もあります。

更年期障害になるとすそわきがに影響が出るのか?

基本的に人体に生じる変化というのは、外部からの刺激が起因となっています。しかし、すそわきがに関しては自分の体内から発生してしまう事が判明しています。ただし、発生原因というのは個々により異なり、体調や食した物など様々です。

 

そのような中で、比較的多くの方に見受けられるのは更年期が要因になっているという事です。20代はホルモンのバランスが良好なので、更年期に見舞われることは無いのですが、40代を過ぎた頃から女性ホルモンが減少していき更年期になります。

 

すると、自律神経が乱れてしまうので体温調節がスムーズにならなかったり、汗腺の機能が悪くなるため更年期になり、同時にすそわきがになってしまいます。

 

全ての人が必ずすそわきがになるとは限らないのですが、生まれつき見舞われる可能性がある方は多いので、中年を過ぎた頃から意識して自分の体臭に気をつけてみましょう。手術ですそわきがを治療することができますが、最も簡単なのは食事内容を見直すことです。

関連情報

page top