更年期や閉経とワキガは関係はあるのか

更年期や閉経とワキガは関係はあるのか

更年期や閉経とワキガは関係はあるのか

 

更年期にさしかかるとワキガが気になる方がいますが、実際に関係はあるのでしょうか。まず、ワキガとはアポクリン腺から汗によって分泌されたタンパク質やアンモニアなどが細菌によって分解されることにより生じます。

 

人の汗腺は2種類あり、一つは塩分と水分だけの普通の汗ですが、もう一つは上記のように様々な成分を含んでいます。するとそれを基に細菌が繁殖しやすくなり、刺激臭を発してしまうのです。

 

そして更年期の女性はホルモンのバランスが崩れ、ホットフラッシュなどののぼせにより汗をかきやすい状態になります。するとアポクリン腺からの分泌物が多くなり、ワキガの症状が出てしまう場合があるのです。

 

このように更年期になるとワキガを生じやすくなります。対策としては汗をかきやすいようであれば制汗剤を使用することで症状を抑えることはできます。

 

しかし、重度になると外用薬や飲み薬だけではなかなか改善されないので、医師に相談して効果的な施術を受けることをおすすめします。

中年女性のワキガは更年期障害との時期と関係するのか

更年期や閉経とワキガは関係はあるのか

 

ワキガは、アポクリン腺という汗腺から分泌される脂質やアンモニア、タンパク質などを多く含む粘り気の多い汗に細菌が感染して強い臭いが発生するものです。

 

女性が更年期と言われる時期を迎えると、卵巣ホルモンをはじめとした女性ホルモンの分泌量が急激に減ることから自律神経のバランスが乱れてその結果としていろいろな不調が発症します。

 

更年期の不調のひとつに、ホットフラッシュといって突然大量の汗が出る症状があります。また、イライラなどの精神症状から大量の汗をかくことも更年期にはよくあります。

 

ホットフラッシュや精神的症状から出る汗は、粘り気の多い汗です。そのため、その汗に細菌が感染してワキガの症状がきつくなったと感じることがあります。

 

しかしアポクリン汗腺の数が更年期に急増するということはなく、更年期のホルモンのアンバランスからの自律神経失調により粘り気の多い汗が出ることが多くなるという関係でワキガの臭いが強くなるケースが見られます。

関連情報(外部リンク)

page top