50代女性のワキガを改善する方法

50代女性のワキガを改善する方法

50代女性のワキガを改善する方法

50代女性のワキガを改善する方法

 

ワキガで苦しむ50代女性が多くいますが、改善をしていくためにはアポクリン汗腺から分泌させる汗を無臭にさせる必要があります。本来は無臭ですが、皮膚や脇毛に存在する細菌によって分解されてしまい、臭いが発生することになります。

 

アポクリン汗腺は男性より女性が多く、閉経や出産などで女性ホルモンが変化していくタイミングでワキガに悩まされることもあります。ワキガを改善する方法として、食生活の改善があります。

 

欧米型の食生活がワキガの原因であるということが指摘されており、ファストフードばかり食べる状態や肉中心の食生活の場合には注意が必要です。

 

また、脇毛の処理も大切です。脇毛の雑菌がワキガの原因になることがあるため、脇毛を永久脱毛してしまうというのも1つの手です。

 

他には、専用クリームで脇を清潔にするということも効果的と言われています。それでも改善しない場合には病院に行き、医師に診てもらうということをおすすめします。

50代女性でわきが臭が気になる時の効果的な対策は

50代女性のワキガを改善する方法

 

ワキガは年齢や性別を問わず、原因は遺伝的なものが多いとされています。アポクリン線から分泌される汗が、皮膚や腋毛に存在している細菌によって分解されることにより、独特なわきが臭を発します。

 

50代女性は女性ホルモンのバランスが崩れやすい年代ですので、急に汗をかいたりすることがあります。特に女性ホルモンが過剰に分分泌されるときはわきが臭が強くなる傾向があります。

 

そのためホルモンバランスが崩れたことによって汗を大量に分泌されたとき、ワキ部分に雑菌があるとわきが臭を発してしまいます。わきが臭を抑える効果的な対策法として、腋毛の処理をすることです。

 

腋毛があると毛と皮膚の間に雑菌が貯まりやすくなります。そして汗をかいたらこまめにハンカチやウェットティッシュでふき取るようにし、わきが専用のクリームやデオドラントスプレーを使用するようにします。

 

また動物性食品であるお肉や乳製品は、アポクリン線の働きを活発にする効果があるため、それらの食べ物を控えるように心がけます。

トップへ戻る