生理中に女性特有のワキガは酷くなる?

生理中に女性特有のワキガは酷くなる?

生理中に女性特有のワキガは酷くなる?

 

ワキガは、アポクリン腺から分泌される粘り気のある汗と、雑菌や皮脂などが反応してニオイが起こるもの。対策として、殺菌効果のある専用のソープで洗う、デオドラント剤でニオイを抑える、汗を小まめに拭くなどが挙げられます。

 

生理中は、ホルモンバランスの乱れなどによりワキガのニオイがより強くなります。特に、女性特有のワキガである、すそワキガは、より気を付けなければなりません。

 

ナプキンなどを下着に付けなければならないので、湿気がこもりやすくなり、さらに雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。また、会議中や出掛け先などで長時間取り換えられないということも多いですよね。

 

トイレに入った時はビデ機能を利用して、キレイに流す、ナプキンは小まめに取り換えるなどしてニオイを抑えましょう。また、陰毛を剃ることでニオイを抑えることも出来ます。陰毛があると湿気や雑菌を増やしてしまうので、いっそ剃ってしまうというのも手です。

わきがは生理と関係があるのか?

生理中に女性特有のワキガは酷くなる?

 

生理前や生理中にワキガの匂いが強くなったと感じるのは、その時期に、女性ホルモンである、プロゲストロンの働きが活発になることが原因の一つとして挙げられます。

 

プロゲストロンは、体温を上昇させ、汗をかきやすくする作用があるため、ワキガの匂いを一時的にきつくしてしまいます。

 

また、生理前や生理中の時期には、女性は嗅覚が敏感になることが多く、いつもより過剰に匂いに反応してしまった結果、通常時より匂いを感じるという複合的な原因が重なって、ワキガ臭を強く感じるのです。

 

そのため、その時期には、いつもより念入りに、殺菌作用のある石鹸などでワキを洗浄し、脇毛なども処理した上で、ワキガ対策専用のデオドラントを塗るなど、万全の対策をとる必要があります。

 

塩分や脂肪分の多い、ファストフードなどの食事や、発汗作用のあるアルコールの摂取などはワキガの匂いを誘発させてしまう原因にもなりかねませんので、注意することが大事です。

関連情報(外部リンク)

page top