汗臭い病気の可能性

病気の可能性もある汗臭い

 

一口に汗と言っても、いろいろな種類があります。例えば、温度が上がることで出る汗、辛いものを食べたときの発汗、そして、何か緊張をした時にでる汗です。汗は、人によって、体質的なものもあって、汗がとても多くでる人もいます。

 

汗自体は臭いがないのですが、体質的にアポクリン汗腺を持っている人は、その汗に菌が繁殖することで、汗臭い状態になるのですが、それが単なる体質の関係で終わらせられないこともあります。

 

つまり、汗臭い病気というのもあります。何か深刻な病気が隠されている場合もありますので、あまり軽く考えないほうがいいのです。

 

例えば、いままであまり汗かきでない人が、突然汗をよくかく場合は、甲状腺機能亢進症である疑いがあります。このような汗臭い病気は、甲状腺の代謝がスムーズになりすぎて、体重が減ったり、下痢や動悸になったりして、ひどい時は死に至ります。

 

また、あるいは、この病気だけでなく、糖尿病や痛風といった、厄介な病気の場合もあります。汗臭いと感じたら、汗臭い病気の疑いもありますので、汗だけに気を取られるのではなく、医師に相談することが大切です。

汗臭い病気に注意

病気の可能性もある汗臭い

 

汗かきでいつも何となく汗臭いと感じている人もいるでしょう。
しかしながら、汗臭いのは、何か重大な汗臭い病気のサインだったりすることもありますので、注意が必要です。
多くの人は、ただ汗臭いと思って、外側のケアを考えるだけだったりします。

 

しかし、普段より汗が多めに出る感じがしたら、まず何か病気かもしれないと疑ってみることも大切です。例えば、汗臭い病気といえば、糖尿病とか天然痘等、いろいろな病気があります。

 

たかが汗と思っても、ちょっとしたサインを見逃さないようにしましょう。よく寝汗をかいていたりした場合でも、汗臭い病気のサインの場合が疑われるとされているのを聞いたことがあると思います。

 

最近、何となく汗臭いと特に感じてしまう場合は、まず病院に行って医師に相談してみるのもひとつです。決して、自己判断をして、そのまま放っておかないように注意してください。
とは言え、汗臭い=病気という考えをあまりにも深刻にとりすぎて、精神的なストレスにならないように注意してください。

 

一番よいのは、まず病院で診察を受けて、もし何かどこか問題があるのであれば治療を、また何でもなければ、それはそれで「よかった」と思えばいいのです。

トップへ戻る